プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

5月13日(土)、「高崎怪談会7 新緑達磨寺編」はおかげさまで無事に終了しました。

開演前は生憎の雨で「地元晴れ男」の連続記録は途切れてしまいましたが、途中でやんで帰路には美しい月が出ていました。
ですから、『引き分け防衛』ってことでいいんじゃないか、とスタッフの関根さんが言ってくれました。w

御来場いただいたお客様、スタッフ関係者の皆様、会場を貸して下さった少林山達磨寺様、
どうもありがとうございました!!


C_wELTyU0AAxsXQ.jpg

開演前の様子。

DSCN3493.jpg

今回は暗めにして語りました。行灯と蝋燭の灯りだけです。

DSCN3498.jpg

語って下さった皆様、ありがとうございました!

DSCN3630.jpg

今回は〈夏の大一番〉に向けて幾つか試したかったことがあり、それができたのは収獲でした。
映像に関しては無駄に長い動画があったので、次回は一本あたりを短くしようと思います。

帰路、少林山の上に昇った月が、実に神秘的ですばらしかったのですが、車を運転中で撮影できませんでした。残念。
また、雨上がりの達磨寺境内に満ちた新緑の香りや、雨に濡れた石段もすばらしかったです!


C_wE5yzUIAASN-5.jpg

この写真は終了後、高崎市街地で撮影。
打ち上げでは夜遅くから飲みに行って、2話の怪談を取材してきました。w

もう次の戦いが始まっています!


下の広告は当方の活動とはまったく関係ありません。
スポンサーサイト

<< 「高崎怪談会8 少林山百物語編」のポスター&フライヤーが完成! | ホーム | 「高崎怪談会8 少林山百物語編」の観覧者募集を開始! >>


 ホーム