プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「高崎怪談会5」の会場となる少林山達磨寺、今週の様子です。

CyJ7iEcUUAAeu9S.jpg

総門と長い階段。(この下にある駐車場は大型車専用ですので、怪談会文字色のお客様は坂を上った所にある「本堂裏大駐車場」(小型専用駐車場)を御利用いただくことになります)

CyJ74VpUkAAg4kC.jpg

階段を上ると、鐘が見えてきます。

Cx60bilUUAI0hhl.jpg

広い境内では、紅葉が見頃を迎えております。

Cx6vRCdUUAAaPf7.jpg

Cx6vrh1VIAAtAFq.jpg

Cx6wHD-VEAAAjo8.jpg

樹齢百年を超えるというサルスベリは、既に葉を落としています。

なお、「高崎怪談会5」の観覧者募集要項には『紅葉が残っている時季でもあり』と書いていますが、今年は寒い日が多く、既に雪も降ったことから、今後の天候次第では、12月11日まで残っている紅葉は少ないかもしれません。
毎年変化する自然が相手のことゆえ、御了承いただければ幸いです。
スポンサーサイト

<< 「高崎怪談会5」、観客席と飲食に関する変更のお知らせ | ホーム | 「高崎怪談会5」観覧者を募集中! >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。