プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

10月26日に「高崎怪談会5」の会場となる少林山達磨寺さんへ、ポスターの設置とフライヤーの配布をお願いしてきた。
早速、〈達磨堂〉にフライヤーを置いていただいた。
ありがとうございます!!
ここには日本各地の達磨が展示されているのだが、写真左下の達磨が、実に斬新である! w

CvswMGEUAAAUQ6m.jpg

そしてなぜか、「高崎怪談会5 少林山達磨寺編」 の文字が真っ黒に写っていた。

Cvswu0wUIAAfjD3.jpg

まあ、夕方なのにストロボを使わなかったので、そのせいだよな。(苦笑)

なお、この前行ったときに同寺で買ってきた達磨の根付も、この機会に紹介しておきたい。

CvszWybUEAId_En.jpg

この根付、なぜか目玉が飛び出る仕組みになっていたり……。w

Cvszqf4VIAAKtn0.jpg

電灯などに翳して頭の穴(レンズ?)を覗くと、達磨大師の絵が浮かび出る、という凝ったオマケが付いていたりする。w
(それに私はまったく気づかず、嫁が気づいた。w)
ちょっとしたオモチャになっていて面白いので、気に入っている。

Cvs0aMAVIAQXHET.jpg

同じ品物が同寺で販売されている。
スポンサーサイト

<< ノラビトを探し求めて ~奥利根ナイトサファリ?~ | ホーム | 百物語の後日談をもう一つ。 >>


 ホーム