プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

Cb4-LoOUUAAEImf.jpg

26日は御来場いただいた皆様、どうもありがとうございました!
(写真は会場coco.izumiの入口。撮影は26日よりも前に行ったものです)

今回は語り部を全員群馬県人で行う、という実験的な試みでした。
県外(とくに東京周辺)には熟練した語り部さんが数多くいて、お願いすれば嫌な顔一つせずに高崎まで来て、盛り上げて下さる方もいらっしゃいます。
しかし、地域色といいますか、群馬にしかいないような新しい語り部さんが出てくることにも期待したいのです。
そのため至らぬ点も多々あったかと思いますが、今後も研鑽を重ねて、エンターテイメントとしてより面白いイベントを作ってゆきたいと考えております。
都内のみならず各地からマニアが集結する東京の怪談イベントとは違って、いかにライトユーザーに興味を持ってもらえるか、いわゆる無党派層に足を運んでもらえるかが、今回の課題でした。
成功したかどうかは今後の様子を見なければわかりませんが、さまざまな年代の方が集まって下さったように思われます。
また、私がこれまでに参加した怪談イベントでは、大抵男性のほうが多かったものですが、今回は女性のほうが大勢参加して下さいました。

CetCeZLW8AESEF9.jpg

DSCN1330.jpg

DSCN1405.jpg

参加者数は(私と嫁も含めて)37名。
目標の41名には届きませんでしたが、大勢の方が来て下さって、大変うれしく思っております。
FBで「友達」になって下さった皆様、フォロワーさんやフライヤー設置に協力して下さった皆様の御協力もありまして、宣伝の成果はあったものと思います。
協力して下さった皆様、どうもありがとうございました!
そして、来場して下さった皆様、本当に、どうもありがとうございましたー!!
スポンサーサイト

<< 行灯と妖怪画 | ホーム | 高崎怪談会3 最新のお知らせ >>


 ホーム