高崎怪談会 高崎怪談会12の出演者と一部内容を紹介!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高崎怪談会12の出演者と一部内容を紹介!


「高崎怪談会12&13」の詳細とお申込み方法は、こちら http://takasakikwaidan.blog.fc2.com/blog-entry-106.html を御参照下さい!


「高崎怪談会12」の出演者

戸神重明 

DSCN0346 - コピー   DSCN3803.jpg

怪談作家。群馬県高崎市出身在住。最新の著書は『怪談標本箱 雨鬼』。本来は執筆活動がメインだが、2015年よりイベント『高崎怪談会』を主催、怪談語りを行う。イベント『恐談の奏』『実話怪談蒐集会』などに出演。CSエンタメテレ『怪談のシーハナ聞かせてよ。』に二度出演。地元のFM「ラジオ高崎」の番組に三度出演。


堀内 圭

DSCN1653.jpg

ホラークリエイター。群馬県前橋市出身在住。美術作品の制作が得意。『高崎怪談会』の小道具やチラシとポスターの制作を担当。取材力に長け、前橋市を中心に群馬県内のネタを豊富に持ち、戸神作品への情報提供も多い。『高崎怪談会2』よりレギュラーの語り手として定着。今回は怪談画のライブペインティングに挑む。


とも美

C_wELTyU0AAxsXQ.jpg

元舞台女優。群馬県みどり市出身在住。かつてはプロ劇団『演劇集団 池の下』に所属、寺山修司作品に出演していた。『高崎怪談会』への参加は今回が二度目。自身が遭遇した話のみならず、他者から取材した話も豊富である。『高崎怪談会』は定着する女流語り手が少ないだけに、今後の活躍が期待される。
(写真はイメージ画像です。当人とは直接関係ありません)


渡邊正文

C_wE5yzUIAASN-5.jpg

アマチュア舞台俳優。群馬県高崎市出身在住。高崎と安中で活動中の老舗劇団『劇団ろしなんて』に趣味で所属。『高崎怪談会』への語り手としての参加は今回が三度目となる。子供の頃から数多くの怪奇現象を体験しており、持ちネタが豊富。年齢が比較的若いことからも、今後の活躍が期待される。
(写真はイメージ画像です。当人とは直接関係ありません)


 高崎怪談会12&13
「12」の内容の一部を紹介。

・戸神重明制作によるイメージ映像を要所で使用する。

・堀内 圭による怪談に関する絵画のライブペインティングを実施。果たして時間内に完成できるのか!?

・全員が群馬県内を舞台にした実話怪談を語る。

・抽選により、若干名に戸神重明サイン色紙をプレゼント。

・会場に戸神重明の著書をお持ちいただいた方には、喜んでサインをさせていただきます。

・会場入口にて、少数ですが、戸神重明著『怪談標本箱 雨鬼』『怪談標本箱 生霊ノ左』『煉獄怪談』を販売します。DVD『怪奇蒐集者 戸神重明』も少数ですが販売します。

・堀内 圭制作のイラストを若干名にプレゼント。

・会場内で『怪談標本箱 雨鬼』の生原稿(ゲラ)を見本展示します。

・過去の『高崎怪談会』で使用したポスター、チラシを見本展示します。


DBk-9gOV0AA1cHm.jpg   DBk_29-UMAAZWQg.jpg

また、当日、会場となる大講堂前の屋外にて、屋台、露店で商品の販売をしてみたい方(個人、グループ)がいらっしゃれば、御相談下さい。
お寺さんへ話をします。その後は、お寺さんの指示に従って出店して下さい。
これは怪談会への参加とは別枠になります。「12」も「13」も受付けます。両方参加も可。

・飲食物の販売は免許をお持ちの方限定となります。

・ハンドメイド作品などの場合、妖怪や幽霊などに関連した商品が望ましいです。(大きな声や音を立てるなど、怪談会の妨げとなるものは禁止)

・売上の一割を少林山達磨寺に収めて下さい。それが出店の条件となります。

・雨天、荒天の場合、出店は中止となります。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ


群馬県ランキング

下に出る広告は当方とは無関係です。
スポンサーサイト
プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「怪談標本箱 雨鬼」「怪談標本箱 生霊ノ左」「恐怖箱 深怪」。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。