高崎怪談会 2017年11月
FC2ブログ

「高崎怪談会10 特別編 怪談標本箱」は無事に終了しました!

「高崎怪談会10 特別編 怪談標本箱」は無事に終了しました。
キャンセルもありましたが、42名様のお客様が来て下さいました!
2年前の独演会のときは10名様しか集まらなかったので、進歩はしているのではないか、と思います。w
地元周辺の方々が集まって下さることもうれしいですし、東京や埼玉から足を運んで下さった方々がいたこともうれしく、とてもありがたく思いました!

DSCN3917.jpg

DSCN3900.jpg

DSCN3904.jpg

語った話。

1.トーツクテー

2.バリカン大発生

3.正夢を見る少女

4.小糠雨(こぬかあめ)

5.地元の怪談二題(心霊スポットの橋。安中の巨人)

6.リサイクル地蔵

7.黒達磨

8.賞金五万円

9.番町

以前から気に入っている話と、初めて語る話を混ぜて、常連の方にも、初めて来て下さった方にも、お楽しみいただけるように工夫しました。
また、できるだけオリジナルのイメージ映像(音楽付き)を流しながら語ってみました。
でも、写真はたまたま映像を使わなかったときに撮ったもののほうが多いですね。w

DSCN3909.jpg

DSCN3908.jpg

DSCN3916.jpg

DSCN3915.jpg


御来場いただきました皆様、どうもありがとうございました!!

少林山達磨寺様、スタッフの皆様、ポスター&フライヤーを制作して下さった海青様、どうもありがとうございました!!

そして宣伝に協力して下さった皆様も、どうもありがとうございました!!

2017年度の「高崎怪談会」はこれにてすべて終了です。
来場して下さったすべての皆様、関係者の皆様、どうもありがとうございました!!
来年の予定は決まり次第、こちらのブログにUPします。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

魔多の鬼界に!



※ 下の広告は当方とは一切関係ありません。
スポンサーサイト

100円玉

「高崎怪談会10」に参加して下さるお客様にお願いがございます。
終演後に「怪談購買所」を開催するため、100円玉が予想以上に大量に必要になる可能性がございます。
会計の際に本代700円をピッタリご用意できる方は、釣り銭がないようにご協力いただけると、とても助かります。
当方の都合で誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

高崎怪談会10の観覧者募集は締め切りました!

「高崎怪談会10 特別編 怪談標本箱」
23日の24時をもちまして、観覧者募集を締め切らせていただきました。
全部で45名様の御予約がありました。
御応募いただいた皆様、どうもありがとうございます!!
26日はよろしくお願いいたします!!

宣伝に協力して下さった皆様も、
どうもありがとうございました!!

モミジの紅葉がピークを迎えた少林山達磨寺にて、
工夫を凝らした怪談を用意して、お待ちしております!!

23659710_1864554157191128_6850503638106267891_n.jpg

23659612_1864554110524466_8667269665122716742_n.jpg

23754787_1864554080524469_7215252151501159544_n.jpg

23659374_1864554180524459_4876797232737637858_n.jpg

23659301_1864554207191123_4252386888784999753_n.jpg

23659724_1864554257191118_2371904584815389059_n.jpg

23659618_1864554237191120_2442639695693850965_n.jpg

23722435_1864554333857777_8186554876452605294_n.jpg

23844516_1864554130524464_8444259535802113537_n.jpg

23722718_1864554357191108_4090610988967403639_n.jpg

下の広告は当方とは関係ありません。

「高崎怪談会10 特別編 怪談標本箱」 観覧者募集、締め切り迫る!

戸神重明の単著が10月28日に発売されます。
「高崎怪談会10」は、そのキャンペーンを兼ねた特別編として、戸神重明独演会を行います。
会場の少林山達磨寺は紅葉の季節。そちらも併せてお楽しみ下さい。
これまでの怪談会とは異なる、新しい趣向を取り入れたイベントにしたいと思っています!

怪談会10ウェブ用

・予約制。事前にお申込みが必要となります。

・出演 戸神重明(怪談作家)

・開催日時 11月26日(日)、16時40分開場、17時開演~19時頃終演。終演後にサイン会と「怪談購買所」を開催。

・場所 少林山達磨寺 大講堂 (群馬県高崎市鼻高町296) 公式ホームページ  地図はこちら(無料駐車場有)

・入場料 1000円+「怪談標本箱 生霊ノ左(仮)〈竹書房〉」(税込700円)を一冊、御購入下さい。
御家族(同じ世帯)の場合、一組様につき、一冊購入でけっこうです。

・終演後、サイン会を行います。

・その後、19時30分頃(予定)~「怪談購買所」を開催します。
これは「怪奇な体験談を持っている、あるいは家族などから聞いて知っているので、戸神にくれてやってもいい」という方から、一話100円でネタを買い取る企画です。オリジナルの実話に限ります。
希望される方はお残り下さい。(沢山売って下さい!)
「他の方に話を聞かれても大丈夫」な方から先に語っていただきます。
「他の方には聞かれたくない」方は最後に語っていただく(他の方はそこでお帰りいただく)形式を取ります。


・お申込み方法

①お名前(本名をフルネームで)
②ふりがな
③参加人数
④お連れ様のお名前(重複を避けるため)。お一人の場合は空欄で。
⑤御住所(番地、丁目は任意でかまいません)
⑥何を見て、このイベントを知りましたか?
⑦怪談購買所に参加されますか? 参加する、参加しない、どちらかでお答え下さい。

をすべて明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

までお申込み下さい。
メールのタイトルには必ず「高崎怪談会10 観覧希望」と御記入下さい。

Cx60bilUUAI0hhl.jpg

御予約受付と詳細を記したメールを折り返し発送します。必ず takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp のメールが受信できる設定にしておいて下さい。お申込みから丸2日経っても返信メールが届かない場合は、以下を御確認の上、もう一度お申込み下さい。

返信メールが届かない理由として、スマホや携帯のメルアドをお使いの場合、PCメールを受信拒否する設定に(知らないうちに)なっていて、メールを返信しても返ってきてしまうことがあります。この例が毎回見られます。受信拒否設定を解除するか、takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp を受信するメルアドとして〈登録〉しないと届きません。方法がわからない場合は買ったお店にお問い合わせいただくか、ネット検索をしてみて下さい。

また、hotmaileをお使いの場合、なぜか返信メールが返されてしまうことがたまにあります。別のメールアカウントの御利用を推奨します。



・受付期限 11月23日24時 締め切り。

・御不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

・未就学児は入場できません。

・7月に開催した「高崎怪談会8」に御参加いただき、途中でお帰りになった方には、百話達成記念の「御朱印風サイン入り葉書」を当日会場にてプレゼントさせていただきます。

・書籍『怪談標本箱 生霊ノ左』(竹書房)を御購入後にこのイベントを知り、参加したいが、同じ本を二冊は買いたくない、という方は事前にメールで御相談下さい。代わりに別の拙著をお買い上げいただくなどの対応をさせていただきます。




人気ブログランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 高崎情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村


下の広告は、当方とは関係ありません。
プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「怪談標本箱 雨鬼」「怪談標本箱 生霊ノ左」「恐怖箱 深怪」。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる