プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

高崎怪談会を応援して下さる皆様、いつもお世話になっております。ありがとうございます!
主催者の戸神重明です。
おかげさまで、竹書房が開催していました

『決定! あなたが選ぶ2016年実話怪談MVP 最恐の1話はこれだ!!!』→ http://www.takeshobo.co.jp/sp/kyofu_mvp/

において、拙作 「賞金五万円」 が第9位に選ばれました。

投票して下さった皆様、どうもありがとうございました!!

これを機会に高崎怪談会に関心を持って下さる方が増えてくれるといいな、と思っております。
スポンサーサイト
「高崎怪談会7 新緑達磨寺 編」を5月13日(土)に開催決定。
参加者を募集します。要予約。
今回はどなたでも語っていただける形式です。もちろん、聴くだけの方も大歓迎です。
会場は「縁起だるま」の少林山達磨寺。新緑が美しい境内の散策もお勧めします。

主催 戸神重明(怪談作家)

高崎怪談会7

・参加費 500円(会場使用料、運営費として)

・日時 5月13日(土)18:30 開始 ~ 21時ごろ終了予定。

・場所 少林山達磨寺 大講堂(群馬県高崎市鼻高町296) 地図
(公式ホームページ http://www.daruma.or.jp/index.php

・予約制につき、飛び入り参加はできません。
必ず事前に、

①お名前(本名をフルネームで)
②ふりがな
③参加人数
④お連れ様がいる場合はその方のお名前もお書き下さい。(お申し込みの重複を避けるため)お一人の場合は空欄で。
⑤御住所(番地、丁目は任意でかまいません)
⑥何を見て、このイベントを知りましたか?


をすべて明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

 「高崎怪談会7」 までお申込み下さい。

当方が確認してから24時間以内に御予約受付と詳細を記したメールを折り返し発送します。
takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp のメールが必ず受信できる設定にしておいて下さい。
お申込みから丸2日経っても返信メールが届かない場合は、以下を御確認の上、もう一度お申込み下さい。

返信メールが届かない理由として、スマホや携帯のメルアドをお使いの場合、PCからのメールが知らないうちに受信拒否設定になっていることがあるようです。この例がわりとよく見られます。
また、hotmaileをお使いの場合、なぜか返信メールが発送できない、お送りしても返送されてしまうことがたまにあります。

・定員 30名様まで。

・未就学児以外はどなたでも入場できます。なお、観覧者各位は本堂への御参拝を一度はお願いします。

・定員に達した場合は参加を締め切らせていただくことがございます。

・趣旨とは無関係な勧誘やセールスを目的とした入場はお断りいたします。

・座布団席になります。足が悪い方は事前にお申し出下さい。椅子を御用意いたします。

C7Ar68RVAAAORXq.jpg


※下の広告は当イベントとはまったく関係ありません。
今年の「高崎怪談会」シリーズは「10」までやりたいと思っています。
その他、スピンオフイベントも幾つか検討中。

なお、7月開催が決定している「高崎怪談会8(百物語)」、11月頃開催を検討中の「「高崎怪談会10」に関しては、こちらでお願いした方に出演していただく形式となります。

しかし、同時に語り手の立候補者も常時募集しております。
条件としては「群馬県在住者、出身者、在勤在学者」もしくは「群馬県の怪談をある程度の数、お持ちの方」を〈優先〉させていただきます。
これはイベントの特色を出すためですが、県外のネタが全部駄目というわけではありません。
興味がある方は、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

まで、お気軽に御相談下さい。

御自身が面白い、もしくは怖いと思われるネタをお持ちの方でしたら、経験や話術はさほど問いません。
ただ、ぶっつけ本番で、というわけにはいきませんので、できれば5月開催の「高崎怪談会7」やスピンオフイベントなどに参加して、一度語りを披露していただけると助かります。

ちなみに「高崎怪談会7」は無条件で、どなたでも語っていただけるルールとなります。

C7ArJJXVsAIFxAL.jpg

C7AuFfbV4AAEEbp.jpg

C7AqxgbV4AAK2AC.jpg

写真は会場となる少林山達磨寺。

※下の広告は当イベントとはまったく関係ありません。

| ホーム |


 ホーム