プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

参加者を広く募集する「高崎怪談会」ナンバーシリーズとは別に、毎月一回開催するミニイベント。
ナンバーシリーズのようなショー形式ではなく、小人数でどなたでも気軽に怪談を語り合える〈オフ会〉をめざします。
飲食物を持ち込んで車座になり、宴会のノリで語り合いましょう。アルコールも可。語りの練習の場としてもどうぞ。
聞くだけの方も御参加いただけます。初めての方、お一人の方も大歓迎!

10月22日(土)19時~21時

coco.izumi(ココイズミ)1-A室   地図

定員 10人前後

参加費 会場使用料4320円÷人数=大体500円前後とお考え下さい。

お申込みはお名前を明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

「高崎怪談会」 までメールにてお願いします。

1~2日以内に当方から受付完了メールを返信します。必ず当方からのメールが届く設定にしておいて下さい。
届かない場合は参加をお断りいたします。


※ 初心者、素人向けのイベントですので、誠に申し訳ありませんが、熟練者の方は参加を御遠慮下さい。

※ 怪談とは無関係な新興宗教やビジネスなどの勧誘、セールスを目的とした参加はお断りいたします。

FullSizeRender1.jpg
スポンサーサイト
 昨夜は「高崎怪談会 文庫版 第1巻」( 本ではない)を開催しました。
 写真はみんなで食べた焼きまんじゅう。
 うっかり皿を用意するのを忘れて、Dさんに助けていただきました。(^^ゞ

Cslrk_zUEAAIVYJ.jpg

 初回ということもあり、至らぬ点も多々あったかと思われますが、皆様のおかげで楽しく無事に終了できました。
 ショーアップしたイベントだと、どうしても語り手と聞き手との間に一定の距離ができてしまうものですが、この形式なら、どなたでも怪談を語れる、キンチョー(蚊取り線香ではない)せずに感想や意見を気軽に言える、ということがわかりました。
 とくに長年高崎に住んでいる私が聞いたこともないような面白い話(この場合は怖い話のこと。w)や貴重な話を伺うことができて、うれしかったです。
 また、県外から来てくださった方々がいたことが、うれしかったです。
 参加して下さった皆様、どうもありがとうございました!
 お疲れ様でした。

 宣伝に協力して下さった皆様も、ありがとうございました!
「第2巻」の開催と、
 そして……「高崎怪談会5」(こちらはまだまだぼんやりとしたものですが)の構想が頭に浮かびつつあります。

PS:帰路に雨が降ってきましたが、開催中はほぼやんでいました。ホームでは相変わらず晴れ男です!←都市伝説になるかも……? w
「高崎怪談会 文庫版 第一巻」を本日開催します。
お申込み受付は終了しており、御予約がない方は入場できません。
参加者の皆様、道中、お気をつけてお越し下さい。
夕方から天気が悪くなるという予報も出ていますので、雨具を持参されたほうが良いかもしれません。
今夜は満月なので、晴れてくれるといいのですが……。
それでは今宵、秋の高崎でお待ちしております!


(本当は「今宵、満月の高崎でお待ちしております!」と書きたかったのだが、現時点では書けないところがちと残念。苦笑)

ClSQ2lDVAAAgMII.jpg

| ホーム |


 ホーム