プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

いよいよ来ました、高崎怪談会4!
高崎駅では縁起達磨が出迎えてくれます。

ColBZVAXEAAhCKm.jpg

梅雨も明けて急に暑くなり、最高の怪談日和となりました。
やっぱり、ビジターだと雨男、ホームだと晴れ男、なんだいね。w

「高崎怪談会 ナンバーシリーズ」での晴れ記録更新中。
ホームでは負けないぜ!
都市伝説になるかも……?w

というか、暑すぎないか、これ。(^_^;)
皆様、道中、熱中症になどにお気をつけてお越し下さいませ。

暑い暑ーい高崎の夏を少しでも涼しくすることが俺の使命だ!

それでは、熱帯夜の高崎でお待ちしております!
魔多の鬼界に!
スポンサーサイト
「高崎怪談会4」では、参加者各位が出展料なしで物販を行うことができるサービスを設けています。
今回はお二人(二組)から物販希望がありました。
その方々と商品の一部を紹介します。


天田銀志 さん→ https://www.facebook.com/ginji.amada

CameraZOOM-20160727015228862 (1)

アクセサリー制作と、オリジナルブランド MIND CORE COMPANY  にて創作活動をされているアーティストです。
妖怪や怪談ホラー的な雰囲気の漂うアクセサリーと画集、ポストカードなどを販売されます。
【濡女】【狐】【化け猫】のポストカード、狐面のピアスとペンダント、頭蓋骨をモチーフにした作品など。

CameraZOOM-20160726225726276 (2)

天然水晶ブレス、TAKASAKI【階段】チップ入りも販売されます。
水晶ブレスに【TAKASAKI】と刻印した階段が付いています。
階段→KAIDAN→怪談=『高崎怪談』にもじった言葉遊びの一品とのことです。

画集は以前に私、戸神も買いましたが、独特の世界観をお持ちで、かなり高い画力をお持ちの方だと思います。
アクセサリーもとても精巧にできていて、美しいです。





日暮海亜 さん→ https://twitter.com/higurashikaia

同人誌のイベントによく参加されている方で、創作怪談やホラー小説を執筆、同人誌や個人誌を制作されています。

写真1

日暮さんは去年の「高崎怪談会2」に続いての出品となります。
写真は去年撮影したもので、何種類かの本や冊子がありましたが、個人的にはオリジナルの豆本が珍しく、よくできていて気に入りました。
しかも、内容は〈実話怪談スタイルの創作怪談〉というオマケ付き!
いずれも作品の値段はリーズナブルです。
今年はどんな本や冊子が見られるのか、とても楽しみです。


物販は会場の最後方で行います。
準備が整えば開演前からも販売できることでしょう。
そして休憩時間ごとに販売を行います。
お土産として、記念品として、ぜひぜひ買って下さい!

(なお、商品の内容、販売における責任は出展者各位にあります)

「高崎怪談会4」に参加予定の語り手さん(面識があって、掲載許可を得られた方のみです。実際にはもっといます)を紹介します。

堀内 圭 さん→ https://twitter.com/FslMLKwo1ZE7dcg

今回のポスターやフライヤーのデザインと、高崎怪談会行灯の制作をして下さった多才な語り手さんです。
リアリティを追求した実話怪談を軽妙に語ることを得意とされています。
また、今回は語りの他に、ライブペインティングに挑戦して下さることになりました!

CA3I004800020002.jpg
(写真は過去の作品です)



小池 準 さん→ https://www.facebook.com/profile.php?id=100006456939351

下仁田町で地域おこし活動をされており、地域おこし関連のショートフィルム制作に携わり、コンテストで何と、日本一に!
上毛新聞に記事を掲載されたり、群馬テレビにも出演経験がある方です。
過去には占い師だった経歴を持ち、怪談語りとしては「相剋(そうこく)の名で活動中。

CetEJJQWwAEolEV.jpg



かご さんぞう さん→ https://twitter.com/ringobanakuro79

かつて別名義で実話怪談の共著本を多数出版された、プロの作家さんです。
現在は、かご さんぞう さんの名義で主に創作怪談を執筆されており、『てのひら怪談』に掌編小説が掲載されています。
「高崎怪談会」に語り手として参戦するのは、今回が初めてということで、期待しているお一人です。
なお、当日かごさんからプレゼントがあるそうです。

OTUdXyLB.jpg

景品となる「超-1 黄昏の章」(古本)と「八卦鏡」。
かごさん曰く、「記念品程度にお考え下さい」とのことですが、プレゼントコーナーが賑わいそうですね。



みいくらみのる さん→ https://twitter.com/319radio

さまざまな怪談会に参加されている方で、深夜の時間帯の(適度な)ちょいエロ怪談を得意とされています。www
なお、語り口は鮮やかで、怖い話はもちろん、笑える話も多くて、群馬でも人気がある方です。



怪談自虐テロリスト さる さん→ https://twitter.com/saru_kaidan

さまざまな怪談会に参加されている方で、怪談のDVDに出演されたり、漫画原作者としてHONKOWAに登場されたこともあります。
怖い話から笑える話まで、持ちネタが豊富な上に、独特の風貌でキャラが立っています。



関根悟志 さん→ https://twitter.com/seki_sato

怪談にとても詳しい方です。持ちネタが豊富で語りも上手いのですが、今回はお手伝いもしていただくことになっています。



戸神重明→ こちら https://twitter.com/togami10 で既に自己紹介をしているので、御参照下さい。

12705339_1572896083023605_3856319690279214572_n.jpg


「高崎怪談会4」のことで一応、お知らせをさせていただきます。
毎回、差し入れをして下さる方がいらっしゃいます。
どうもありがとうございます!
ただ、お客様に分配するほどの差し入れは、金額が掛かって大変でしょうし、当日は慌ただしくなるので分配できないこともあります。
(実際、過去に二度ありました。その節は誠に申し訳ありませんでした)
また、分配には人手を割かなければなりません。
小人数で対応していますので、お心遣いは大変うれしく、ありがたいのですが、食品の持ち込みは御自身が召し上がる分だけでよろしいと思います。
どうかお気遣いなさらぬようにお願い致します。
「高崎怪談会4」では、さまざまな特典を用意したいと考えております。

一つ目

☆ まず、開演の準備が早めに万全の状態で整っていた場合、なのですが、開場後、開演時間よりも早く来て下さった方向けに戸神重明が一話分、サービスで短い怪談を語ります。
この話は百話のうちの一話としてはカウントしない予定です。

DSCN1342.jpg

☆ 百話を達成した場合、なのですが、終了時まで会場に残って下さった方全員に記念品をプレゼントしたいと思っております。
ただし、大したものではない、というか、本当にくだらないものなので、あまり期待しないで下さいね。w
これまでに幾つかの百物語イベントに参加してきましたが、百話を達成しても「お疲れ様」で解散するのが普通でした。
それで十分だと思うのですが、何か記念になるものが出たら、もうちょっとだけうれしいような気がする。
それをやってみようかと思っております。
また、最後まで残れなかった方にも、何らかの方法でお渡しできれば、と考えております。
(百話達成できなかった場合、プレゼントは出せません)

深怪

☆ 会場では去年出た本ですが、戸神重明の初単著「恐怖箱 深怪」(竹書房)を690円(消費税を入れた金額から-1円)で販売します。
お声掛けいただければ、喜んでサインをさせていただきます。

また、去年の年号が入ったサイン本があるのですが、(中身は新品です!)サービス価格として消費税抜きの640円で販売いたします。
こちらもお声掛けいただければ、購入して下さった方のお名前を入れたり、今回の日付を新たに書くことも可能です。

さらに、既に書店や通販などで拙著を御購入済みの方は、持参していただければ喜んでサインをさせていただきます。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ