プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

戸神重明2冊目となる単著が10月下旬に発売されます。
「高崎怪談会10」は、そのキャンペーンを兼ねた特別編として、戸神重明独演会を行います。
会場の少林山達磨寺は紅葉の季節。そちらも併せてお楽しみ下さい。

Cx6vrh1VIAAtAFq.jpg

・予約制。事前にお申込みが必要となります。

・出演 戸神重明(怪談作家)

・開催日時 11月26日(日)、16時40分開場、17時開演~19時頃終演。終演後にサイン会と「怪談購買所」を開催。

・場所 少林山達磨寺 大講堂 (群馬県高崎市鼻高町296) 公式ホームページ  地図はこちら

・入場料 1000円+「怪談標本箱 生霊ノ左(仮)〈竹書房〉」(税込700円)を一冊、御購入下さい。
御家族(同じ世帯)の場合、一組様につき、一冊購入でけっこうです。

・終演後、サイン会を行います。

・その後、19時30分頃(予定)~「怪談購買所」を開催します。
これは「怪奇な体験談を持っている、あるいは家族などから聞いて知っているので、戸神にくれてやってもいい」という方から、一話100円でネタを買い取る企画です。オリジナルの実話に限ります。
希望される方はお残り下さい。(沢山売って下さい!)
「他の方に話を聞かれても大丈夫」な方から語っていただき、「他の方には聞かれたくない」方は最後に語っていただく(他の方にはそこでお帰りいただく)という、イルミネーション形式となります。


・お申込み方法

①お名前(本名をフルネームで)
②ふりがな
③参加人数
④お連れ様のお名前(重複を避けるため)。お一人の場合は空欄で。
⑤御住所(番地、丁目は任意でかまいません)
⑥何を見て、このイベントを知りましたか?
⑦怪談購買所に参加されますか? 参加する、参加しない、どちらかでお答え下さい。

をすべて明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

までお申込み下さい。
メールのタイトルには必ず「高崎怪談会10 観覧希望」と御記入下さい。


Cx60bilUUAI0hhl.jpg

御予約受付と詳細を記したメールを折り返し発送します。必ず takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp のメールが受信できる設定にしておいて下さい。お申込みから丸2日経っても返信メールが届かない場合は、以下を御確認の上、もう一度お申込み下さい。

返信メールが届かない理由として、スマホや携帯のメルアドをお使いの場合、PCメールを受信拒否する設定に(知らないうちに)なっていて、メールを返信しても返ってきてしまうことがあります。この例が毎回見られます。受信拒否設定を解除するか、takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp を受信するメルアドとして〈登録〉しないと届きません。方法がわからない場合は買ったお店にお問い合わせいただくか、ネット検索をしてみて下さい。

また、hotmaileをお使いの場合、なぜか返信メールが返されてしまうことがたまにあります。別のメールアカウントの御利用を推奨します。



・受付期限 11月23日24時 締め切り。

・御不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

・未就学児は入場できません。

・7月に開催した「高崎怪談会8」に御参加いただき、途中でお帰りになった方には、百話達成記念の「御朱印風サイン入り葉書」を当日会場にてプレゼントさせていただきます。


下の広告は当方とは関係ありません。
スポンサーサイト
「高崎怪談会10」の開催が決定しました。
11月26日(日)の17時開演。
内容は二年ぶりに私、戸神重明の独演会となります。
ポスター&フライヤーの制作は昨冬と同じく、海青さんの予定です。

さらなる詳細は決まり次第発表しますので、魔多の鬼界に!



当方と下の広告はまったく関係ありません。
「高崎怪談会9」は青雲塾会館日本間にて、8月19日(土)に予定通り開催し、無事終了しました。

DHjjWckVoAEElqF.jpg

入口に貼ったポスター。
今回のは、私が一時間で作ったので、粗悪品です。(苦笑)
当日の昼前にやっと完成しました。w
写真の蛾は、世界最大の蛾、ヨナグニサン。
ただし、与那国島のではなく、タイ産です。
蛾が苦手な人は堪らないだろーなー。www ←ドSなので喜んでいる。

肝心の怪談会は参加者19名。
25名まで収容可能な会場ではありますが、テーブルを囲んで車座に座ると、ほぼ一杯になる人数でした。
(会場の規則により、写真を撮ることはOKですが、SNSにUPすることはできないため、室内の写真はありません)

スペシャルゲストとして、怪談社の糸柳寿昭さんが東京から来て下さいました!!
まさにサプライズで、参加者の中には本当に驚愕し、大喜びしている方々もいらっしゃいました。(笑)

また、NHK BSの番組『Cool Japan』を観て、「高崎怪談会」の存在を知ったという方が初めて参加して下さったり、
一年ぶりに参加して下さった方もいました。
もちろん、毎回参加して下さる常連の方々には大感謝です!
おかげさまで、2月に同会場で開催した「6」のときよりも、盛り上がったような気がします。
参加して下さったすべての皆様、どうもありがとうございました!!
お疲れ様でした!!
宣伝に協力して下さった皆様も、ありがとうございました!!


5月の「高崎怪談会7」から、7月の「高崎怪談会8」、8月の「高崎怪談会9」と続いた今夏の自主開催イベントは、これですべて終了しました。
見事に全部雨が降りましたね。(苦笑)
「地元晴れ男」ではなく、「地元雨男」の都市伝説ができそうです。w
9月になったら、またクワガタ捕りをやります。w



当方と下の広告はまったく関係ありません。
昨夕、NHK BS1で放送された 「Cool Japan」 という番組で、怪談をテーマに外国人が討論する模様が放送されました。

DHLVu-wV0AEgl60.jpg

三輪チサさんをはじめ、「枚方怪談サークル」の皆様、熱演、お疲れ様でした!

ついでに当イベント 「高崎怪談会」も、ちょこっと映していただきました。w


DHLXDdjVwAAJ9lK.jpg

ちなみに、怪談サークルの一つのような感じで紹介されましたが、「高崎怪談会」はイベント名であり、サークルとしての活動は行っていません。
初めは座談会形式だったため、「怪談会」という名を付け、気に入ったので形式が変わってもそのまま使い続けている次第です。
サークル、団体、実行委員会等ではないため、出演者やスタッフはその都度集まって終わると解散、残りたい方は次のイベントにまた参画する、という形式を取っています。
私自身、団体行動が苦手だから、なんですよね。w

DHLYEIhUQAEwkI0.jpg

「高崎怪談会8 少林山百物語編」の、
堀内圭さん制作によるポスター&フライヤーが、ドーン! と画面中央に映し出されました。
やったー!
堀内さん、おめでとうございます!!


DHLYJzLVoAAELDk.jpg

DHLfdTjUwAA1iWa.jpg

DHLfdTjUwAA1iWa.jpg

フリップでは、なぜか「高崎怪談会8」の文字がなく、「少林山百物語」で、「編」が抜かれて紹介されていました。
でも、細かいことは、まあいいか。w
(というか、NHKなので、こういうこともあるんだろうな~、と事前に予想していました)


DHLgOSaUwAA6ACC.jpg

写真の中、語っている黒い人影が私です。
なお、「Cool Japan」は9月10日(日)正午から、NHK BS1で再放送があるそうです。
よろしかったら、観て下さい!

制作スタッフの皆様、出演者の皆様、お疲れ様でした!

当方と下の広告はまったく関係ありません。
「高崎怪談会8 少林山百物語編」が終了したばかりですが、実は今月も「高崎怪談会9 青雲塾会館 編」と題してイベントを企画しています。

今回は「高崎怪談会8」のようなショーアップした形式ではなく、参加者はどなたでも怪談を披露できて、感想や意見も言える〈参加型イベント〉となります。
会場は日本家屋で、定員数は最多で25名まで。
(既に「高崎怪談会8」の会場にて、特典の一つとして参加者募集を行っており、今回は少数の募集となりますので、お早めに)
飲食物の持ち込みOK。
オープンに怪談を語り合いましょう。聞くだけを御希望の方もお気軽に御応募下さい。
なお、完全予約制につき、飛び入り参加はできません。
未就学児は参加できません。
政治家に関連した施設ですが、政治とは関係なく、純粋に怪談を楽しんでいただくイベントです。

C5hAS5VU0AA4bDU.jpg
(写真は今年2月の「高崎怪談会6」の時のものです)


開催日時:8月19日(土)18時30分~21時30分

場所:青雲塾会館 日本間 (群馬県高崎市末広町44番地7) 公式HP http://www.seiunjyuku.com/index.html

定員:25名(定員に達した時点で締め切り)

参加費:会場使用料&エアコン代÷人数=お一人あたり、200~300円

飲食物の持ち込み可

会場に無料駐車場あり


応募資格 (小会場のため、以下の条件のどちらかに該当する方に限定させていただきます)

・「高崎怪談会8 少林山百物語編」に御来場、観覧して下さった方全員

・高崎市内、もしくは周辺市町村にお住まいの方



応募方法

予約制につき、お名前と参加人数、同行者氏名、御住所(番地、丁目は任意でかまいません)を明記の上、
takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp までメールにてお申込み下さい。

1~2日以内に当方から受付完了メールを返信します。必ず当方からのメールが届く設定にしておいて下さい。返信メールが届かない方は御参加いただけませんので、御注意下さい。
(携帯、スマホを御利用の場合、PCメールが知らないうちに受信拒否設定になっていて送信しても届かなかった例や、hotメールが文字化けして返信できなかった例があります)

募集期間:8月17日24時締め切り

「高崎怪談会8」に御参加いただき、途中でお帰りになった方には、百話達成記念の「御朱印風サイン入り葉書」をプレゼントさせていただきます。


下の広告は当方とはまったく関係ありません。



| ホーム |


 ホーム  »次のページ