プロフィール

戸神重明

Author:戸神重明
怪談作家。群馬県出身、在住。「高崎怪談会」を主催。著書「恐怖箱 深怪」(竹書房)。共著「恐怖箱 煉獄怪談」「怪 異形夜話」「恐怖箱 魂迎」(いずれも竹書房)、「怪談実話NEXT」(メディアファクトリー)、「10分で読める 学校のこわ~いうわさ」(宝島社)など多数。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

「高崎怪談会8」の観覧者を募集します。
会場は「縁起だるま」で全国に知られる少林山達磨寺。
今回は百話語るまで終わらないルールです! 初めての方、お一人の方も大歓迎!
(予約制。当日はチケットを提示していただければ、入退場はいつでも何度でも自由です)

主催、出演 戸神重明 (怪談作家)

      堀内 圭 (ホラークリエイター)

      内藤 綾 (声優、怪談朗読家)      

      籠 三蔵 (怪談作家)

      春南 灯 (『幽』実話コン受賞者)      

      他 (今回は当方が指名した語り手となります)

開始前1


・入場料 2000円 (いつ、何度入退場しても一律2000円)

・日時 7月29日(土)14:30開場、15:00開演~24:00終演予定。大体1~1.5 時間ごとに休憩あり。

・場所 少林山達磨寺 大講堂 (群馬県高崎市鼻高町296  公式ホームページwww.daruma.or.jp/) 地図はこちら

・予約制につき、飛び入り参加はできません。必ず事前に、

①お名前(本名をフルネームで)
②ふりがな
③ハンドル名(ない方は空欄で)
④参加人数
⑤お連れ様がいる場合はその方のお名前もお書き下さい。(お申し込みの重複を避けるため)お一人の場合は空欄で。
⑥御住所(番地、丁目は任意でかまいません)
⑦何を見て、このイベントを知りましたか?

をすべて明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

までお申込み下さい。
メールのタイトルには必ず「高崎怪談会8 観覧希望」と御記入下さい。


当方が確認してから24時間以内に御予約受付と詳細を記したメールを折り返し発送します。 takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp のメールが必ず受信できる設定にしておいて下さい。お申込みから丸2日経っても返信メールが届かない場合は、以下を御確認の上、もう一度お申込み下さい。

返信メールが届かない理由として、スマホや携帯のメルアドをお使いの場合、PCからのメールが知らないうちに受信拒否設定になっていることがあるようです。この例がよく見られます。 また、hotmaileをお使いの場合、なぜか返信メールが返送されてしまうことがたまに発生しております。別のメールアカウントの御利用を推奨します。


・受付期限 7月25日(火)24時 締め切り。

・定員 100名様。

・未就学児以外はどなたでも入場できますが、子供料金の設定はありません。

・行きか帰りに一度、本堂への御参拝をお願いいたします。

・定員に達した時点で募集を締め切らせていただきます。

・群馬県青少年健全育成条例に基づき、18歳未満の方の御参加は21時頃までとさせていただきます。

・趣旨とは無関係な勧誘やセールスを目的とした入場はお断りいたします。

・座布団席になります。足が悪い方には椅子を御用意いたしますので、事前にお申し出下さい。

・すみませんが、会場にエアコンはありません。送風と換気に十分配慮し、休憩時間を多めに設けます。

・御不明な点は、takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

DSCN2797.jpg

下の宣伝広告は当イベントとまったく関係ありません。
スポンサーサイト
7月29日(土)に開催の「高崎怪談会8(百物語)」、11月頃開催を検討中の「「高崎怪談会10」は、こちらでお願いした方に出演していただく形式となります。
過去に実施した夏の百物語は、どなたでも語れる参加型形式を取ってきましたが、聞き専の方が圧倒的に多いことから、今夏はやり方を変えてみることにしました。

しかし、同時に 語り手の立候補者も常時募集 しております。
条件としては「群馬県在住者、出身者、在勤在学者」もしくは「群馬県の怪談をある程度の数、お持ちの方」を優先させていただきます。(イベントの特色を出すため)

興味がある方は、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

「高崎怪談会」まで、お気軽に御相談下さい。
御自身が面白い、もしくは怖いと思われるネタをお持ちの方でしたら、経験や話術は問いません。
(初めは下手でも良いので、真面目に練習してきて下さる方を歓迎します)

ただ、ぶっつけ本番で、というわけにはいきませんので、できれば5月開催の「高崎怪談会7」や、他のスピンオフイベントに参加して、一度語りを披露していただけると助かります。

(注)……定員に達した場合は途中でも募集を締め切りますので、早めに立候補して下さったほうが有利だと思います。

ちなみに「高崎怪談会7」は無条件で、どなたでも語っていただけるルールとなります。

DSCN3001.jpg


下の宣伝広告と当イベントはまったく関係ありません。
「高崎怪談会7 新緑達磨寺 編」を5月13日(土)に開催。
参加者を募集します。要予約。
今回はどなたでも語っていただける形式です。聴くだけの方も大歓迎です。
会場は「縁起だるま」の少林山達磨寺。新緑が美しい境内の散策もお勧めします。

主催 戸神重明(怪談作家)

高崎怪談会7

・参加費 500円(会場使用料、運営費として)

・日時 5月13日(土)18:30 開始 ~ 21時ごろ終了予定。

・場所 少林山達磨寺 大講堂(群馬県高崎市鼻高町296) 地図
(公式ホームページ www.daruma.or.jp/index.php

・予約制につき、飛び入り参加はできません。
必ず事前に、

①お名前(本名をフルネームで)
②ふりがな
③参加人数
④お連れ様がいる場合はその方のお名前もお書き下さい。(お申し込みの重複を避けるため)お一人の場合は空欄で。
⑤御住所(番地、丁目は任意でかまいません)
⑥何を見て、このイベントを知りましたか?

をすべて明記の上、

takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp

 「高崎怪談会7」まで、メールにてお申込み下さい。
メールのタイトルは「高崎怪談会7 参加希望」と御記入いただけると助かります。

高崎怪談会7

当方が確認してから24時間以内に御予約受付と詳細を記したメールを折り返し発送します。
takasaki_kwaidan@yahoo.co.jp のメールが必ず受信できる設定にしておいて下さい。
お申込みから丸2日経っても返信メールが届かない場合は、以下を御確認の上、もう一度お申込み下さい。

返信メールが届かない理由として、スマホや携帯のメルアドをお使いの場合、PCからのメールが知らないうちに受信拒否設定になっていることがあるようです。この例がわりとよく見られます。
また、hotmaileをお使いの場合、なぜか返信メールが発送できない、お送りしても返送されてしまうことがたまにあります。

・定員 40名様まで(少し増やしました)。

・未就学児以外はどなたでも入場できます。なお、観覧者各位は本堂への御参拝を一度はお願いします。

・定員に達した場合は参加を締め切らせていただくことがございます。

・趣旨とは無関係な勧誘やセールスを目的とした入場はお断りいたします。

・座布団席になります。足が悪い方は事前にお申し出下さい。椅子を御用意いたします。

C7AuFfbV4AAEEbp.jpg

(下に出てくる宣伝広告と当イベントはまったく関係ありません)
一時放送が休止していたCS放送「怪談のシーハナ聞かせてよ。」が復活することになりました。

「高崎怪談会」主催者の戸神重明も出演させていただけることになりまして、25日に東京四谷で無事に収録を終えました。
お世話になった関係者の皆様、どうもありがとうございました!!
以下、詳細になります。


C-PhpQgV0AA7OmG.jpg

CS放送「怪談のシーハナ聞かせてよ。」
(敬称略で)
ゲストMC ナイツの土屋伸之、レギュラー陣 せきぐちあいみ、高田のぞみ、上間月貴、糸柳寿昭。
ゲストは吉田悠軌、戸神重明。

放送は、
6月12日(月)25:00-(初)
15(木)15:25- /16(金)17:30- /18(日)25:00- /22(木)15:30- /23(金)17:30-。

再放送が沢山あるようです。
その他の詳細はHP「怪談のシーハナ聞かせてよ。」を御参照下さい


C-PhpQbUAAADxiS.jpg

私自身は本当に拙い語りですみませんがw、
他の方々はすばらしい語りやトークを披露されています。
怪談ファンの皆様、ぜひぜひ御覧下さい!


C-P294iUQAAtHuZ.jpg
高崎怪談会を応援して下さる皆様、いつもお世話になっております。ありがとうございます!
主催者の戸神重明です。
おかげさまで、竹書房が開催していました

『決定! あなたが選ぶ2016年実話怪談MVP 最恐の1話はこれだ!!!』→ http://www.takeshobo.co.jp/sp/kyofu_mvp/

において、拙作 「賞金五万円」 が第9位に選ばれました。

投票して下さった皆様、どうもありがとうございました!!

これを機会に高崎怪談会に関心を持って下さる方が増えてくれるといいな、と思っております。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ